スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Googleってすごいんですね~

社員が亡くなった場合、奥さんは10年間、死亡した社員の給料50%もらえるそうです。





奥さんは、喜びそうだけど、社員の旦那さんは微妙ですね。

普通、こんな感じになるのではないでしょうか。

以下、妄想です(笑)


【Google以外の社員の場合】

旦那『最近、心臓が痛いんだ。医者の診断では、心筋梗塞で、いつ死んでもおかしくないそうだ・・・』

奥さん『あなたが亡くなったら、私も生きていけない、あなたが亡くなったら私も死ぬわ!』

旦那『ありがとう。(涙)でも生きている間に出来るだけ財産を残していくよ』

奥さん『お金なんていらない。ムリしないで、そんなカラダで頑張ったって、たかが知れているわ。それより2人の時間をもっと増やしましょうよ』

旦那『おまえ!』

奥さん『あなた!』

旦那と奥さん『ギュっ!ブチュー!ズコズコバコバコ』(ご想像にお任せします)



【Googleの社員の場合】

旦那『最近、心臓が痛いんだ。医者の診断では、心筋梗塞で、いつ死んでもおかしくないそうだ・・・』

奥さん『あら、そうなの?それは大変ね。入院でもしたら?』

旦那『う、うん・・・。そうしようかな。いつ死ぬかわからないんだ。お金もあんまり持ってないし』

奥さん『いなくなるのは寂しいから、頑張ってね。応援してる。もしもの時は、心配しないで、10年間は給料の半分をGoogleがだしてくれるわ』

旦那『う、うん・・・。俺がいなくなっても大丈夫なんだね』

奥さん『うん。大丈夫。安心して。』

旦那『それじゃぁ。入院してくる・・・』

奥さん『うん。頑張ってね』


なんか、さびしいいいいいいいいい(笑)


すみません、昼ドラの見過ぎですね。(笑)

脳内妄想に付きあわせてすみません。



Googleでは、そのほかに、食事代無料とか洗車無料とか、フィットネスクラブお無料とかもあるそうです。

亡くなった社員の子どもたちは19歳になるまで、毎月1000ドル(日本円約7万8千円)受け取ることができるそうです。

それから、同性愛の配偶者も同じ権利があるとのこと・・・。

さすがGoogleですね^^

関連記事
[ 2012/08/14 18:24 ] ニュースとリネージュ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lineagecapture.blog.fc2.com/tb.php/97-c6fb5028









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。